龍と狐だいすきな飽きっぽい人間がつづる文章。 正直いつまで続くのかしら・・・ +愚痴とか愚痴とか愚痴なんかが飛び出す可能性も
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たくさんお土産をもらったので今回はそれの紹介で(・ω・`)ス


※実はブログ書いてる途中に何回もインターネットが停止して同じ文章書くの9回目だったり。

絶賛イライラ中^ω^#

とか思っていましたけどもう怒る気が起きないっていう^q^
1.みるきー
20091215200031

日本のお菓子中国Verが売っていたので買ってきたそうです。
ちなみに製造元も本家ですのでb
牛乳糖に筆者が吹いたのはなぜでしょうか。
ちなみに中国の商品には賞味期限が記載されていないそうです。
で、製造日から一年が目安だと友人から言われますた。

あの…これ製造7月11日とか書いてるんですが…

2.チョコっぽいの
20091215201229

中身はウエハースでした。
チョコの味が少し違う気がするのもご愛嬌。
少し硬いなと思うのもご愛嬌です><

3.パンダのキーホルダーその1
20091215201221

お気に入りです。パンダ可愛いよパンダ><
しかもこれどうやらハンドメイドっぽいです。
足の長さが少しちがったりしているので><
気にしない筆者にはどうでもいい!

20091215201224

ちなみに後ろ。

あれ…

しっぽって白じゃ…

4.パンダのキーホルダーその2
20091215201215

少し大きいもので色違いだと思えばおk
で、気になったのでしっぽを確認。

20091215201218


な い だ と




こっからお茶のコーナー

5.茶
20091215201208

どうやら固形茶らしくお湯注げば広がるよ!だそうでs by友人
んでこのお茶に限るか限らないかは知りませんが
時間をおけばおけばおいしくなるよ!
といわれました。



で、日本語の解説もあって面白かったのですが文字小さくて写らNEEEEEE

というわけで書いてみる。


以下その文章引用(漢字はなるべく似たようなものを選びます)

沱茶は圧縮茶類に最高級の一つです。

このお茶が長い年月をたって、特有の制作方で、我が国の珍茶になりました。

沱茶がわが国西部の雲南省でしか出産しない。

伝統的な制作方で主に自然発酵、人口揉む等で生成して、

高温を加工してさまざまの形になったものです。

良い香をしきりに漂わせて、飲んでいて味わいが尽きないほど美味に感じます


引用終了



茶葉を生むのかとか高温どうやって加工するんとかそんな突っ込みが生まれてきます。
しかしあえて残りを無視するのがここの筆者((

どんな間違いがあるか皆も探してみよう!☆ミ







































おまけ
!.jpg
目線入れてますがお気づきでしょうか。

どう考えても某嵐を呼ぶ5歳児です本当にありがとうございました。

なんで下も隠してるかって?

それはね、

下半身が(ry
というわけなんだよ。
すんません察してくださいorz

で、これ何かっていうとお茶買ってきて時におまけで付いてきたそうなんです。
その時にこれの使い方を店員さんが実演してたらしく友人が言うには

「お湯をかけた瞬間ピー(自主規制音)から水がすごい勢いで飛び出してきた」
ということで。
ちなみに本当に水の勢いがすごかったそうで

前にいた客の口に

その水が入ったとか何とか

その時は5歳児ではなく大仏だったみたいです(もちろん下半身ry)

大仏も5歳児も種類がいくつかあるとかないとか。


+α
最後の写真がでかくなったのは編集のためにPCに一回取り込んだからだと信じたい。
スポンサーサイト

テーマ:⊂⌒~⊃。Д。)⊃アウアウアー - ジャンル:日記

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2009/12/15 Tue] // # [ 編集 ] @
非公開の方
言うでない><
まさかこんなのが二連続で続くとは自分でも思ってなかったんだお(・ω・`*)←
[2009/12/15 Tue] URL // おむすん #- [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://omusub.blog18.fc2.com/tb.php/37-18babefc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 一番星が見つからない all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。