龍と狐だいすきな飽きっぽい人間がつづる文章。 正直いつまで続くのかしら・・・ +愚痴とか愚痴とか愚痴なんかが飛び出す可能性も
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々に忍道関連の動画閲覧中。
ステルス系は苦手ですが見るのは楽しいとおもうんだ。




※忍道って何ぞって方のための説明。

忍道(しのびどう)とはアクワイアという会社が開発したゲームです。

グラはいまいちかもしれませんが自由度が高く(バカゲーともいう)
初心者にも遊びやすいように意図的(?)に仕組んであるコマンドなども魅力的。

例としてはコマンド入力で無限ジャンプに近いものが存在したり、
時には「宇高多を去る」といったトンデモない選択肢出現したりします。
※宇高多…主人公が住んでいる土地。

また、受ける任務に基づいてストーリー展開が変わったりすることも。

そしてもうひとつの特色は「調合システム」
任務中に草とかキノコなどのアイテムを拾い、それを壺に入れて薬を作るシステムです。
場合によって回復手段となったり一撃必殺の劇薬になったりします。

またこの開発元「アクワイア」は他にもバカゲーと呼ばれるものを作ってます。
忍道 天誅 侍シリーズ等等…
そして
開 発 者 の 猫 好 き は 異 常
って言うくらいに猫が登場。動きもかわいいです。
私が見ている「忍道戒」というゲームでは猫が縁側に座ってます。和みます。
アクワイアさんはきっと猫の動きには手を抜かない主義だとおもう。

以下は個人的に忍道、天誅、侍シリーズのことについてぼそぼそ。
忍道

自由度うめえ。ステルス系苦手な人でも任務作るほうなら参加できるし楽しい。
グラが…とか言われても気にしない。
最初は気になってたけどはまればこのグラがいいって思えるようになる。

あとはアイテム・任務の豊富さ。調合の楽しさ。
任務に至っては暗殺だけではなくキノコ収集とか輸送任務とか楽しげなのも。
部分部分のネタの仕込みもいい感じ

そして何気に声優が豪華な件。多羅場がまさかあの人だったとは。
見ているだけの人が言うのもなんだがやりこみできる作品だとおもう。

天誅シリーズ

って言ってもこれは参・紅しか見たことがない。
忍廻旋はMADで見たけど自由度半端ない。
LOVEマシーンの作者さんは神だ。きっと。

そういえば天誅参以降は忍道よりグラが綺麗になってるっぽいけど
自由度が少ないような気がします。やりこむなら忍道かしら。
天誅も忍道も好きだけど天誅参はストーリーでステージ固定しちゃってるからなあ…
持ち歩けるアイテムも少ないですし…(・ω・`)

参以降の天誅には多分ギャグが足りないと思うんだ。




アクワイアゲーで自分が唯一持ってる且つプレイしたことがあるもの

・侍
もうすこし何かやれたらよかったなあって思ってます(・ω・`)
1つのストーリーが短かった気がするという。
しかしこれ、楽しいのよね。
戦闘も案外楽だし、苦手な人でもコマンド入力で体力回復できるのもあるし。
・侍道2
こっちは長い。台詞付きだから余計に長い。
話のルートによっては何も買えないし…
しかし売り物屋さんに「お金を払う」「払わない」コマンドが付いてるのには吹いた。
流石というべきか。



とまあこんな感じで語る自分。そのうち二つは見てるだけだというのにね。
とりあえず結論
アクワイアsすげえ。
スポンサーサイト

テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム


管理者にだけ表示を許可する
http://omusub.blog18.fc2.com/tb.php/23-829db080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 一番星が見つからない all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。